審美治療はなぜ自費負担なのか

見た目を綺麗にすることが目的

保険を適応できないケース

一般的な治療と、審美治療の異なる部分を調べましょう。 すると、なぜ審美治療の場合は保険を適応できず、全額を自分で支払うことになるのかわかると思います。 ただ審美治療は料金が高くなっても、見た目が自然に見えるという大きなメリットがあることを忘れないでください。

なぜ人気が出ているのか

かなり料金が高くなっても、審美治療を選択する人が増えています。 その理由は、見た目が綺麗になること以外にもたくさんあるので調べてください。 他の治療に比べて審美治療で治療した場合は、歯の耐久性が高まったり、管理が楽になったりするメリットが生まれます。

目的がそれぞれ異なっている

歯医者の治療で保険を適応できるのか判断するポイントは、何の目的で治療をするのかという部分です。
歯を治療することが目的になるなら保険を適応できますが、病気を治すことより見た目を綺麗にすることを目的にする場合は、保険を適応できないと覚えておきましょう。
そのような治療を、審美治療と呼んでいます。
少し費用が高くなりますが、見た目を気にしている人は、審美治療を選択しても良いでしょう。

有名な審美治療に、インプラントがあります。
これは歯を失った時に代わりの歯を埋め込む治療方法ですが、本物に似せて作られた人工的な歯を使います。
ですから口を開いても治療したと知られにくいですし、耐久性が高い面もメリットです。
さらにお手入れも楽なので、最近はインプラントを選択する人が増えています。

最初に歯医者で、インプラントにした時にどのくらいの料金が発生するのか尋ねるのがおすすめです。
その上で予算内に収まるのか考えて、治療を依頼してください。
ただ見積もりを聞いて、他の歯医者より安い金額を言われてもすぐ依頼してはいけません。
あまりにも安いと、正しく治療してくれるのか不安になってしまいます。
時には100万円を超える金額になることもありますが、その場合はローンを組んで返済する方法があります。
最初から審美治療をしようと思っている人は、その歯医者でローンを組めるのか調べてください。
高額な金額でも、毎月少しずつ支払えば完済できると思います。

どのくらいの料金が掛かるのか

気になったら、審美治療にした場合の料金を歯医者に聞いてください。 すると具体的な見積もりを出してくれるので、予算内に収まるのか判断しましょう。 もし予算を超えても、ローンを組んで少しずつ支払う方法があります。 できるだけ、ローンを組める歯医者を利用しましょう。

TOPへ戻る