見た目を綺麗にすることが目的

保険を適応できないケース

歯医者ごとに料金が変わる

見た目を綺麗に見せたり、自然に見せたりすることを目的にした治療を審美治療と言います。
ほとんどのケースで保険を適応できないので、全ての金額を自分が負担すると覚えておきましょう。
なぜ料金が高くなるのかというと、治療の際に使う材料は普通の治療に比べて精密で、また細かい作業も必要になるからです。

医師の技術が必要なので、治療費が高くなってしまいます。
さらに歯科医師だけでなく、治療中に技工士が立ち会って歯の色合いチェックすることもあります。
ですから手間費や材料費、さらに人件費も掛かっていることが大きな理由です。
通常の治療は、病気に対して国が治療費を決めています。
しかし審美治療はそのような決まりがなく、歯医者ごとに料金が変わります。

審美治療にした方が良い人

通常の治療をすると、その部分だけ他の歯と異なって見えます。
ですから人前で口を開くと、すぐに治療したあとだと気づかれてしまうでしょう。
それが気になる人は、審美治療にした方が良いと思います。
特に人前に出ることが多い仕事を行っている人は、歯を整えることも身だしなみに含まれると忘れないでください。

歯で、自分の印象が変わります。
治療した部分が変に目立っていると、印象が悪くなるかもしれません。
すると相手から信頼されず、仕事をうまく進められない可能性があります。
仕事に影響を与えるので、費用が掛かっても審美治療にして、歯を綺麗に見せること心がけましょう。
最近は審美治療に力を入れている歯医者も多く、気軽に相談してください。


TOPへ戻る